PAGE
TOP

Mグループ人気アクセスキーワード一覧

求人サイト

47 view コンカフェ仕事内容給料 コンカフェの給料事情|システムから相場・給料アップのポイントまで
コンカフェの給料事情|システムから相場・給料アップのポイントまで

コンカフェ(コンセプトカフェ)は、その名の通りコンセプトに沿ったサービスを提供するお店であり、代表例としてメイドカフェが挙げられます。近年コンカフェは、利用者・働く女の子の双方からの人気が高まっているため、稼げるかどうか気になる方は多いのではないでしょうか。

当記事では、コンカフェの給料システムから、給料相場・給料アップの方法まで、コンカフェの給料事情を詳しく解説します。ガールズバーやキャバクラとの違いが気になる方もぜひ参考にしてください。

 

1.コンカフェの給料システム

コンカフェの給料システムは時給制であることが一般的です。また、時給に加え「バック」と呼ばれるインセンティブが加算されます。「バック」はキャバクラやガールズバーなどのナイトワーク系のお店の多くで取り入れられている制度です。

なお、お客さんの入りが悪くても最低限のお給料を保証する「最低保証」を行うお店や、お客さんが来ない間の待機時間も時給が発生するお店もあります。

また、コンカフェの給料は日払い・週払いであることが多い傾向です。さらに、手渡しOKのお店も多いため、その日働いた給料を持ち帰ることができるでしょう。

 

1-1.コンカフェのバックの種類

ここでは、コンカフェで取り入れられているバックをいくつか紹介します。バックの多くは「有料オプションやドリンクの料金のうち、何割かが給料に上乗せされる」というシステムです。ドリンク1杯・チェキ1枚あたり100円など、金額固定のケースもあります。

チェキ チェキ撮影の有料オプション。お客さんがカメラを構えてキャストを撮影・お客さんとツーショットで撮影・キャスト全員と撮影など。
ドリンク お客さんがキャストにドリンクを奢ることでバックが発生する。シャンパンなど高価なドリンクを用意しているお店もある。
ゲーム お客さんがキャストと一緒にゲームを楽しむ有料オプション。テーブルゲーム・カードゲーム・TVゲームなどを行う。
パフォーマンス オムライスへのお絵かき・ミニライブなどの有料オプション。リピート客にもつながりやすい。

上記は一例であり、お店のコンセプトによって、異なる名称となっているケースや、お店独自のサービス・バックを用意しているケースもあります。

 

2.コンカフェの給料相場

コンカフェの給料相場は、1,000~3,000円程度と言われています。一般的な飲食店のバイトと変わらない給料のお店から、キャバクラなどの高収入ナイトワークと遜色ない給料のお店まで、多種多様です。

給料に差がある理由としては、営業時間帯・提供サービスがお店によって異なるため、給料にも差が出やすいことなどが挙げられます。また、オープニングスタッフの募集ではスタッフ確保のために給料が高く設定されている傾向です。

 

2-1.ガールズバーやキャバクラとの比較

ここでは、コンカフェ・ガールズバー・キャバクラの給料相場と仕事内容の違いを解説します。

コンカフェ
時給相場 1,000~3,000円
営業時間帯 日中~深夜
※昼・夜のみの店や翌朝まで営業の店もあり
サービス内容と接待行為の有無
  • カウンター越しにコンセプトに沿った接客
  • お店によっては横接客あり
客層
  • コンセプトに興味を持つ男性
  • 女性客もいる
服装 コンセプトに沿った衣装
ガールズバー
時給相場 1,500~2,500円
営業時間帯 夕方~深夜
※翌朝まで営業の店もあり
サービス内容と接待行為の有無
  • カウンター越しにバーテンダーとして接客
  • お店によっては横接客あり
客層
  • 若い女性と飲みたい男性
  • 接待目的のグループ
服装 セクシーな制服・私服
キャバクラ
時給相場 2,000~5,000円
営業時間帯 夜~深夜0時
サービス内容と接待行為の有無
  • お客さんの横に座って会話やお酌・カラオケなどの接待を行う
客層
  • 金銭に余裕のある男性
  • 接待目的のグループ
服装 ドレスアップ

コンカフェはガールズバーやキャバクラなどに比べて給料は安い傾向です。しかし、コンセプトが重視されるコンカフェは、ガールズバーやキャバクラほどキャスト個人の実力が重視されないため、ナイトワーク未経験者でも挑戦しやすいジャンルと言えます。

 

3.コンカフェで給料アップを目指す方法

コンカフェで働きたいと考える方の中には、「給料にかかわらず、好みの世界観・制服のお店で楽しく働きたい」という女の子もいれば、「せっかくならガッツリ稼ぎたい!」「趣味を活かして収入アップを目指せないか」と考える女の子もいるでしょう。

コンカフェは、お店によって雰囲気だけでなく、給料相場も大きく異なるため、自分の希望に合った職場選びが大切です。ここでは、コンカフェで給料アップを目指す方法を4つ紹介します。

 

3-1.バック・インセンティブの充実したお店を選ぶ

コンカフェの基本給が安い場合、各種バックが充実していることがあります。いわゆる、「がんばった分だけ稼ぎが増える」状態です。しかし「バックで稼ぎたい」と期待していたにもかかわらず、お店の有料オプションが少なかったり、バック率が低かったりすることもあります。

求人情報や口コミを確認する他、体験入店や見学などを通して、稼げるバックのシステムがあるかどうか確認することがおすすめです。また、「歌が得意な方はライブやカラオケバックのあるお店を選ぶ」「ゲームで場を盛り上げる自信がある方はゲームのオプションありのお店を選ぶ」など得意分野で勝負するという手もあります。

 

3-2.バー営業・深夜営業のあるお店を選ぶ

コンカフェの給料に幅がある理由の一つに、営業時間の違いが挙げられます。一般的に昼営業のお店よりも、22時以降も営業しているお店のほうが、深夜手当があるため時給が高い傾向です。さらに、翌朝まで営業しているお店の場合、高い時給で長時間働くことができるため、短期間で高収入を得られます。

また、アルコールを提供しているお店も収益率が高いため、時給が高い傾向です。ドリンクバックも充実していることから、プラスアルファの稼ぎも期待できるでしょう。

ただし、0時を超える営業やアルコール類の提供には自治体の許可が必要です。ホームページや求人サイトを確認し、怪しいお店には注意してください。加えて、お酒が苦手な方や、学業・昼職との両立を目指す方は、無理のない範囲で働くことが大切です。

 

3-3.ファン(常連客)を増やす

コンカフェではファンを獲得することで、チェキやドリンクなどのバックを増やすことができます。ファンを増やす方法の代表例は次の2つです。

お客さんの名前や好みを覚える

お客さんの名前を覚えることはナイトワークなどの接客業の基本です。また、コンカフェにはオタク系のお客さんも多く、趣味の話で盛り上がることも多いため、一人ひとりの好みやこだわりを覚えておくことも重要となります。

また、覚えた名前を気安く呼ぶのではなく「〇〇さんとお呼びしてもいいですか?」「何と呼ばれるのが嬉しいですか?」などの配慮も喜ばれるでしょう。客層に合わせてオタク系の知識を深めておくこともおすすめです。

周囲をよく見る

コンカフェではオプションの指名などがない限り、1対1の接客ではなくスタッフ全員でお店を回します。

オーダー待ちのお客さんや、話し相手がおらず退屈そうにしているお客さんにいち早く気づき、対応に回ることが必要です。また、忙しそうにしている他のキャストのフォローを行うことも、スタッフ・お客さん双方の高感度アップにつながるでしょう。

最初は慣れないことがあっても、笑顔で一生懸命働き、お客さんから応援してもらえるように頑張りましょう。

 

3-4.出勤日数・出勤時間を増やす

たくさん働けば働くほど、多くの収入を得られるという単純な話だけでなく、多くのコンカフェには「出勤日数・時間によってボーナス支給」というシステムが存在します。

コンカフェでは、一人ひとりのキャストのサービス力よりも、お店全体の雰囲気が重視され、キャスト全員でお客さんとの時間を盛り上げることが必要です。お店側は、毎日一定以上のキャストを確保し、キャストには仕事やお客さんの特徴を覚えてほしいと考えています。

しかし、「趣味のコスプレ感覚で週数回好きなときに働きたい」というキャストも少なくないため、お店は積極的に出勤するキャストを優遇します。もちろん、自分が望む働き方をすることがベストですが、「長期休みで時間がある」「まとまった期間にたくさん稼ぎたい」という方は、多めにシフトを入れるとよいでしょう。

 

まとめ

コンカフェの給料は時給制で、バック制度によりプラスアルファの収入を得ることができます。給料相場は1,000~3,000円と、一般的なナイトワークよりやや低く、幅があることが特徴です。

コンカフェでたくさん稼ぎたい方は、バック制度の充実したお店や夜営業の店を選ぶ・ファンを増やす・出勤日や時間を増やすなどの方法により収入アップを目指せるでしょう。

コンカフェは、ガールズバーやキャバクラに比べキャストの実力主義的な側面が少なく、昼営業のお店もあるため、ナイトワーク初心者にもおすすめです。