PAGE
TOP

Mグループ人気アクセスキーワード一覧

求人サイト

11 view コンカフェメイク コンカフェのメイク事情|面接時やジャンル別のおすすめメイクを紹介
コンカフェのメイク事情|面接時やジャンル別のおすすめメイクを紹介

接客サービスを行うコンカフェ(コンセプトカフェ)で働くにあたり、身だしなみやメイクはとても大切です。しかし、コンカフェは独特の雰囲気のお店が多いため、面接の際のメイクや、お店で働く際のメイクについて疑問や不安を抱く女の子も少なくないでしょう。

この記事では、コンカフェのメイク事情について、面接受けのよいメイクからジャンル別のおすすめメイク、コンカフェメイクの注意点までを解説します。これからコンカフェバイトに応募する人も、働きながらメイクに悩んでいる人も、ぜひ参考にしてください。

 

1.コンカフェ嬢のメイク事情

コンカフェで働く際、自分を魅力的に見せることや、コンセプトに合わせた外見づくりはとても重要です。もちろん、顔の印象を左右するメイクもこだわるべきポイントと言えます。コンカフェのメイクは、くっきり・はっきりとした華やかなメイクから、すっぴん風のナチュラルメイクまでお店によってさまざまな傾向があります。

 

1-1.コンカフェの面接ではどのようなメイクが好印象?

コンカフェで働く際の第一関門となる面接に、どのようなメイクで行くとよいか悩む人は多いでしょう。採用スタッフは、応募者がお店の雰囲気に合うかどうか、コンカフェのコンセプトに合う振る舞いができるかどうかをチェックしています。

そのため、実際に働くことをイメージして、お店のコンセプトに近い可愛い服装を選び、イメージに合うメイクで面接に臨むことが大切です。なお、応募時に指定がない場合は、お店に確認したり、実際にお店で働いている女の子のSNSなどを参考にしたりする方法もあります。

また、面接に受かるために、その日だけ気合の入ったメイクをする人もいますが、働き始めた時に「面接の時と印象が違う」と思われる可能性があります。さらに、実際に勤務を始めると、出勤の度に同じレベルのメイクをしなければなりません。面接の際に、自分を可愛く見せる努力は大切ですが、無理なく再現できるかどうかも考えましょう。

 

2.【ジャンル別】コンカフェで映えるメイクの傾向

コンカフェでは、似合うメイク・可愛く見せるメイクだけでなく、お店のコンセプトに合わせたメイクであるかどうかも重視されます。以下では、ジャンル別のおすすめメイクを紹介します。なお、ここで紹介するメイクはあくまで一例であり、お店独自のテイストや働いている女の子の雰囲気に合わせることも大切です。

 

2-1.メイドカフェ

メイドカフェやアイドル系のコンカフェでは、白と黒の定番メイド服に合う清楚系メイクや、パステルカラーのアイドル衣装に合う童顔系のメイクが好まれます。

清楚系メイクは、ナチュラルカラーを中心に使用し、血色がよく見えるチークやリップを使うことがコツです。一方で、童顔メイクは、黒目を強調するほか、アイラインでタレ目に見せたり、下まつげを強調したりするとよいでしょう。面長の人は、眉を長めに描くと顔の幅を広く見せられます。

 

2-2.和風のコンカフェ

戦国時代をテーマとしたコンカフェ・くのいちコンカフェ・花魁風コンカフェなどでは、和の雰囲気に合うメイクがおすすめです。和風メイクのポイントは「白肌」「切れ長の目」「赤系のアイシャドウ」などが挙げられます。セクシーな印象を目指し、ヘアセットや髪飾りなどのコーディネートも意識するとよいでしょう。

なお、正統派の和服や浴衣を着る際は、ナチュラルメイクのほうが好まれることもあります。和服に合うナチュラルメイクのコツは、アーチ型の太眉や、明るくぽってりとしたリップを作ることです。

 

2-3.ファンタジー系のコンカフェ

ゲーム・アニメ・童話の世界観をテーマとしたコンカフェでは、ファンタジー風のコスプレ衣装に合うメイクが求められます。元ネタとなるキャラクターなどがいる場合は、目の形や色などに寄せたメイクをするとよいでしょう。特定のキャラクターをモデルとせず、世界観を表現する場合は、衣装の色やお店のテーマカラーを取り入れたメイクをすることがおすすめです。

また、羽や花びらなどのついたつけまつげで妖精風メイクをする・大粒のラメで人魚風メイクをするなど、コンセプトに合わせた個性的なアイデアも生かせます。ただし、可愛い女の子を目当てに来店するお客さんが多いお店では、特殊メイクなど本格的すぎるメイクは控えましょう。

 

2-4.セクシー系のコンカフェ

黒ナース・小悪魔などをコンセプトとしたコンカフェでは、大人っぽくセクシーな印象のメイクが似合います。太めのアイラインの目尻を釣り上げ、密度の濃いつけまつげを使い目元を強調することがおすすめです。

リップは濃い赤がおすすめですが、マットすぎると怖い印象になることもあるため、気になる場合は数種類の口紅やグロスを使いグラデーションにするとよいでしょう。華やかな印象にしたい場合は、モード系のギャルメイクも参考になります。

 

2-5.普段着系のコンカフェ

パジャマや制服などの普段着系のコンカフェでは、ナチュラルメイクが好まれる傾向です。パジャマなどの場合「すっぴんでもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、よほどすっぴんに自信のある人以外にはおすすめできません。

肌の透明感を出すために、ベースメイクを丁寧に行い、ブラウン系のアイシャドウをしっかりぼかしてなじませることがコツです。チークはコーラル系のパウダーチークをさりげなく使い、血色感をプラスします。

 

3.コンカフェのメイクで気をつけたい3つのポイント

コンカフェで働く際は、コンセプトに合うテイストかつ、お店で顔を覚えてもらうためにも、毎回同じメイクをすることが大切です。最初にある程度メイクの方向性を決めておくと、働きながらメイクに悩むことも少ないでしょう。ここでは、コンカフェのメイクに関して注意しておくポイントを3つ紹介します。

 

3-1.カラコンは暗めの色を選ぶ

コンカフェで働く女の子の多くが、カラコンを使っています。中には、世界観やキャラクターを表現するために明るい色のカラコンを使いたいという人もいるでしょう。しかし、明るい色のカラコンは、写真に写った際に黒目を小さく見せてしまい、少し怖い印象となります。

お客さんとチェキ撮影があるコンカフェや、ブロマイドなどの写真グッズが販売されるコンカフェでは、黒目を大きく見せるサークルレンズなど暗い色のカラコンを使うことがおすすめです。

 

3-2.自分に合うメイク・コンセプトに合うメイクを日々研究する

一度コンカフェに合うメイク・自分に合うメイクのやり方をマスターすると、ずっと同じメイクをしてしまいがちな人は多いでしょう。もちろん、同じメイクでずっと人気を維持している人は問題ありませんが、「もっと可愛く見せたい」「ファンを増やして稼ぎたい」という場合は、メイクの研究も必要です。

流行のメイクや、コンカフェで働く人気の女の子のSNSや動画などをチェックして、自分のメイクに取り入れられないか検討してみましょう。コンカフェでは女の子のスタッフ同士の会話も多いため、メイクの話を聞いてみるのも1つの手です。

 

3-3.清潔感のあるメイクを心がける

コンカフェではコンセプトに合わせるだけでなく、仕事中は常にきちんとした清潔感のあるメイクを維持することも大切です。しっかりメイクすればするほど、崩れてきた際の違和感が目立ちます。

崩れにくい化粧下地・ナチュラルなつけまつげ・落ちにくいリップティントなどのアイテムを取り入れて、化粧崩れを防ぎましょう。皮脂テカリや乾燥を防ぎ、毛穴を目立たなくするカバー力の高いクリームファンデーションが1本あると便利です。また、清潔感を出すためには、髪・眉の手入れやスキンケアもしっかり行いましょう。

 

まとめ

コンカフェでは、コンセプトに合っていることを前提に、女の子の可愛さを引き立てるメイクをする必要があります。また、出勤の都度同じメイクを再現する必要があるため、自分でできる無理のないメイクを研究しておくとよいでしょう。

コンカフェで働く際はメイクも非常に重要であるため、メイクを整える更衣室がきれいで使いやすいお店を選ぶことが大切です。「Mグループ」のコンカフェなら、新しく広々とした更衣室があるほか、無料ヘアメイクも利用できます。コンカフェバイトをお探しの場合は、ぜひMグループの求人にご応募ください。