PAGE
TOP

Mグループ人気アクセスキーワード一覧

求人サイト

48 view コンカフェ コンカフェで働く女の子の年齢層は?10代・30代でも働ける?
コンカフェで働く女の子の年齢層は?10代・30代でも働ける?

近年話題となっているコンカフェ(コンセプトカフェ)には、独自の世界観を表現した店内のインテリアや、可愛い制服などたくさんの魅力があります。そのため、「一度は働いてみたい!」と憧れを持つ女の子は多いでしょう。

この記事では、コンカフェで働くキャストの年齢層や、10代でも働けるか・30代になっても働けるかなど、コンカフェの年齢事情を解説します。コンカフェの面接で年齢以外に重視されるポイントにも触れるため、ぜひ参考にしてください。

 

1. コンカフェで働くキャストの年齢層は?

コンカフェで働くキャストの年齢は幅広いものの、10代と20代の女の子が大多数を占めます。中でも、18~22歳、すなわち大学生くらいの年代の女の子が多い傾向です。

ただし、お店によって年齢層が大きく異なるケースもあります。たとえば、メイドカフェなど若い女の子が求められるコンカフェ以外にも、渋くてダンディな高齢男性が働く紳士カフェなども存在します。

この記事では、主に「女の子が可愛い制服を着て働くコンカフェ」の事情について解説します。

 

1-1. さまざまな経歴を持つ人が働いている

コンカフェで働く女の子の年齢層は20歳前後が中心であるものの、人それぞれ、経歴やコンカフェで働き始めた経緯が異なります。

コンカフェで働く女の子は、次のような人が多い傾向です。

  1. 大学や専門学校に通いながらアルバイトをしている女の子
  2. フリーターとしてコンカフェなどの接客業中心に働いている女の子
  3. 一度就職した後、退職してコンカフェで働き始めた女の子

また、コンカフェで働こうと思ったきっかけも人それぞれ異なります。たとえば、次のような経緯を持つ女の子がいるでしょう。

  1. 最初はコンカフェのお客さんとして来店するうちに「自分もお店のキャストとして働いてみたい」と挑戦した女の子
  2. アイドルやタレント目指すための自分磨きの一環として働いている女の子
  3. 友達に誘われて、趣味感覚で働いている女の子

似た接客業である、ガールズバーやキャバクラに比べると「たくさんお金を稼ぎたい」という女の子よりも「可愛い制服で自分磨きをしたい」という女の子が多い傾向です。

 

2. 10代・学生でもコンカフェで働ける?

コンカフェでは、10代や学生の女の子も多く働いています。ただし、「18歳以上」「高校生不可」などと制限を設けているお店も少なくありません

特に、高校生でコンカフェで働きたいと考えている女の子は次の点に注意しましょう。

  1. ・18歳未満の女の子は22時以降働けない
  2. 労働基準法は、事業者に対し18歳未満の人を22時以降働かせてはならないとしています。
  1. (深夜業)第六十一条
  2. 使用者は、満十八才に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。

引用:e-Gov法令検索「労働基準法」

  1. ・18歳未満の女の子は風営法の許可を取っているコンカフェで働けない
  2. 風営法は、事業者に対し18歳未満の人に接待をさせてはならないとしています。
  1. (禁止行為等)第二十二条
  2. (中略)
  3. 三 営業所で、十八歳未満の者に客の接待をさせること。

引用:e-Gov法令検索「労働基準法」

・学校でバイトが禁止されている場合は働けない

学校でバイトが禁止されている場合、バレると停学などの処分になる可能性があります。校則を確認した上で、応募しましょう。

高校生はコンカフェで働ける?求人の特徴や平均時給・注意点

また、高校生以外の学生も、年間で稼ぐ額が103万円を超えると税金を払う必要があるため、シフトの頻度を決める際は注意することがおすすめです。

 

3. 30歳を過ぎるとコンカフェで働くのは難しい?

10代後半~20代の女の子が中心のコンカフェで、30代でも働けるかどうか気になる人もいるでしょう。コンカフェには明確な年齢制限がないケースが多いものの、30代の女性が採用されるためには、いくつかのポイントがあります。また採用された後も、コンカフェで働き続けていくためには、ファンの獲得が重要です。

ここでは、30代未経験の人がコンカフェで働きたい場合・20代後半の人が働き続けたい場合の2パターンについて、知っておきたいポイントを解説します。

 

3-1. 30代未経験の人がコンカフェで働きたい場合

「一度でいいから可愛い制服で働いてみたい!」など、コンカフェで働くことに憧れを持ちつつ、なかなかチャレンジできなかった30代の女性もいるでしょう。30代がコンカフェで働くためには、まず採用されるかどうかが重要となります。

応募の際は、次の3つのポイントが重要です。

  1. ・実年齢より若く見えるように努力する
  2. コンカフェでは実年齢よりも見た目の年齢が重視され、中には「永遠の17歳」を名乗る人もいます。面接前に写真審査がある場合もできるだけ若く見える写真を選び、面接当日は写真よりも若く見えるように外見を整えましょう。
  1. ・根気よく求人を探して応募する
  2. 30代を採用するコンカフェは多くありません。複数の店舗で断られても諦めず、幅広い年齢を募集するお店を探しましょう。お店にお客さんとして訪れ、キャストの年齢層を確認し、年齢層が高そうなお店を探す方法もあります。
  3. ・固定客が付いていることや強みをアピールする
  4. 動画サイトやSNSで有名である・コスプレイヤーとして活動しているなど、ファンが付いていることをアピールすることもおすすめです。来店者が見込める場合は、お店のスタッフも入店を歓迎してくれるでしょう。コンカフェ・メイド喫茶で働いた経験もアピール。

なお、近年はコンカフェの人気が高まっているため、年齢層の高いキャストが働くコンカフェも増える可能性があります。コンカフェで働くという夢を追う人は、諦めずに情報収集を続けることがおすすめです。

 

3-2. 20代後半の人がコンカフェで働き続けたい場合

コンカフェで長く働き、「コンカフェの仕事が好きでずっと続けたい」「コンカフェの仕事が天職」と考える20代後半の女性もいるでしょう。一般的に、コンカフェでは学校卒業や就職のタイミングで辞める人が多い傾向です。しかし、10年以上続けるベテランコンカフェ嬢もいます。

20代後半の人が、コンカフェで働き続けるためにはファン獲得が重要となります。在籍歴を武器に「名物メイドさん」などコンカフェの顔となることができれば、長く働き続けられるでしょう。

なお、一度店を辞めると、お店からお客さんが流出しないように、しばらく近隣のコンカフェで働かせてもらえないケースがあることに注意しましょう。

 

4. コンカフェの面接で年齢以外に重視されること

コンカフェの面接では、年齢以外にも様々なポイントがチェックされます。年齢や可愛さだけでなく、「この人に働いてほしい!」「この人なら頑張ってくれそう!」と採用担当者に思ってもらえれば、採用の確率はぐっと高まるでしょう。

ここでは、コンカフェの採用担当者が面接で重視するポイントを3つ紹介します。コンカフェの面接で採用される可能性をアップさせたい人は参考にしてください。

 

4-1. 志望動機

採用担当者は「お店をすぐに辞めないか」「熱心に仕事をしてくれるか」という点を気にしています。志望動機を伝える際は、応募したお店で働きたい熱意をアピールすることが大切です。

ただし、「可愛い制服で働きたい」などありきたりな志望動機の場合、応募者が多い人気店では、ライバルに差をつけられてしまう可能性があります。

コンカフェで働きたいと思うきっかけとなった体験談や、アイドルやタレントを目指して自己研鑽していることなどをアピールするとよいでしょう。

 

4-2. 服装とメイク

採用担当者は面接で、応募者がお店のテイストに合うかどうかをチェックします。指定がない場合、服装やメイクは、お店の雰囲気に寄せることがおすすめです。たとえば、メイドカフェなら、童顔系メイクや清楚系メイクで、服装はロリータ風の衣装などを選ぶとよいでしょう。

応募するお店に事前に来店して、お店の内装や女の子のメイクや制服の傾向をチェックしたり、SNSでキャストの自撮り写真や私服をチェックしたりすることもおすすめです。

コンカフェのメイク事情|面接時やジャンル別のおすすめメイクを紹介

 

4-3. 話し方

一般的なバイトの面接と同様に、コンカフェの面接でも一般常識やマナーをチェックされます。コンカフェの仕事は接客業であり、お客さんに対するマナーが必要です。たとえば、コンセプト上お客さんにくだけた言葉遣いをすることもありますが、トラブルが起きた場合などは、丁寧な対応が求められるでしょう。

また、明るい表情ではっきりと話すことも大切です。コンカフェに訪れるお客さんの中には、「女の子に元気をもらいたい」と考える人が少なくありません。暗い表情・無表情にならないように気をつけ、いつもより笑顔で大きめの声で話すようにしましょう。

 

まとめ

多くのコンカフェでは年齢制限がないものの、10代後半~20代前半の女の子が多い傾向です。コンカフェによっては、高校生も働くことができますが18歳未満が働けないお店もあるため注意しましょう。

また、30代はコンカフェで採用されることが20代よりも難しく、20代後半の人がコンカフェで働き続けるケースも多くは見られません。ただし、外見を磨いたり、ファン獲得に努めたりすることで、30代でもコンカフェで働ける可能性はあるため、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。